国内正規品 国内送料無料 CASIO 【SALE/104%OFF】 男性用 ウォッチ カシオ Gショック メンズ ソーラー GST-W330C-1AJF 時計 G-STEEL 爆買い送料無料 腕時計 電波

国内正規品 国内送料無料 CASIO 男性用 ウォッチ カシオ Gショック G-STEEL ソーラー 電波 時計 メンズ 腕時計 GST-W330C-1AJF

国内正規品 国内送料無料 CASIO 男性用 ウォッチ カシオ Gショック メンズ ソーラー GST-W330C-1AJF 時計 G-STEEL 爆買い送料無料 腕時計 電波 17685円 国内正規品 国内送料無料 CASIO 男性用 ウォッチ カシオ Gショック G-STEEL ソーラー 電波 時計 メンズ 腕時計 GST-W330C-1AJF 腕時計 メンズ腕時計 17685円 国内正規品 国内送料無料 CASIO 男性用 ウォッチ カシオ Gショック G-STEEL ソーラー 電波 時計 メンズ 腕時計 GST-W330C-1AJF 腕時計 メンズ腕時計 国内送料無料,17685円,CASIO,国内正規品,ウォッチ,ソーラー,カシオ,腕時計,時計,Gショック,腕時計 , メンズ腕時計,電波,obtenir-des-backlinks.com,GST-W330C-1AJF,メンズ,G-STEEL,/albuminiform2974443.html,男性用 国内正規品 国内送料無料 CASIO 男性用 ウォッチ カシオ Gショック メンズ ソーラー GST-W330C-1AJF 時計 G-STEEL 爆買い送料無料 腕時計 電波 国内送料無料,17685円,CASIO,国内正規品,ウォッチ,ソーラー,カシオ,腕時計,時計,Gショック,腕時計 , メンズ腕時計,電波,obtenir-des-backlinks.com,GST-W330C-1AJF,メンズ,G-STEEL,/albuminiform2974443.html,男性用

17685円

国内正規品 国内送料無料 CASIO 男性用 ウォッチ カシオ Gショック G-STEEL ソーラー 電波 時計 メンズ 腕時計 GST-W330C-1AJF








商品説明●LEDバックライト(フルオートライト スーパーイルミネーター)
 表示面の照明として発光ダイオードを使用しています。
 スーパーイルミネーターは発光源に高輝度タイプの発光ダイオードを使用しています。
 時計を傾けると表示面が発光するオートライト機能が、暗い所で自動的にON になり、明るい所で自動的にOFFになります。

●ネオンイルミネーター(フルオートライト)
 時計本体の紫外線領域発光のLEDを点灯することで、特殊蛍光体インクを塗布・印刷した箇所が
 紫外線に反応、発光します。
 時計を傾けると表示面が発光するオートライト機能が、暗い所で自動的にONになり、明るい所で
 自動的にOFFになります。

●タフソーラー(ソーラー充電システム)
 太陽電池を使用しています。

●電波受信機能
 時刻情報をのせた電波を受信することで、正確な時刻を表示します。
 JJY=日本の標準電波JJY(40kHz/60kHzの両方)に対応しています。
 WWVB=アメリカの標準電波WWVB(60kHz)に対応しています。
 MSF/DCF77=イギリスとドイツの標準電波MSF/DCF77(60kHz/77.5kHz)に対応しています。
 BPC=中国の標準電波BPC(68.5kHz)に対応しています。

●ワールドタイム
 世界48都市の時刻を表示できます

●ストップウオッチ
 1/100秒、60分計付き

●時刻アラーム5本・時報
●バッテリーインジケーター表示
●フルオートカレンダー
●12/24時間制表示切替
●操作音ON/OFF切替機能
●耐衝撃構造
●20気圧防水機能
●ネオブライト
●傷が付きにくい無機ガラスを使用

■カラー:文字板・ブラック系、ケース・シルバー系、バンド・ブラック系
■ケース/ベゼル材質:樹脂/ステンレススティール
■ガラス:無機ガラス
■バンド:タフレザー
■バンド幅:最大約27.0mm
■ケースサイズ:55.9×49.3mm(H×W)
■厚 さ:15.3mm
■重 さ:92g

※仕様及び外観は改良のため予告なく変更される場合があります。最新情報はメーカーページ等にてご確認ください。
また、箱の仕様は予告なく変更されることがあります。予めご了承ください。
全ての国産時計はお買い上げ日より一年のメーカー保証が付きます。(メーカー規定による。)
なお、メーカー保証の詳しい概要につきましては各メーカー様のカスタマーまでお問い合わせくださいませ。

G-SHOCK

エディフィス

プロトレック

オシアナス

ベイビーG

国内正規品 国内送料無料 CASIO 男性用 ウォッチ カシオ Gショック G-STEEL ソーラー 電波 時計 メンズ 腕時計 GST-W330C-1AJF

ルイス・ハミルトン 「F1通算100勝目に到達できるという確信はなかった」

2021年9月27日
ルイス・ハミルトンは、劇的なF1ロシアGPでの勝利で通算100勝目というマイルストーンに到達したが、それが実現することを“確信さえしていなかった”と認める。

ルイス・ハミルトンは、終了間際に雨が降ったF1ロシアGPで残り3周でランド・ノリスをパスし、今シーズン5勝目を挙げて、F1キャリア通算100勝目に到達。チャンピオンシップでも首位を奪還した。

インディカー:アレックス・パロウが参戦2年目でチャンピオン獲得の快挙

2021年9月27日
アレックス・パロウが、2021年のインディカー・シリーズで参戦2年目にして自身初のチャンピオンに輝いた

28台と多くのエントリーを集めた2021年シーズン最終戦、第46回アキュラグランプリ・オブ・ロングビーチは、気温20度と過ごしやすいコンディションの下、コースサイドのグランドスタンドに大勢の観客が陣取る中でスタートが切られた。

マクラーレンF1代表 「スリックでステイアウトさせたのはチームの責任」

2021年9月27日
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、F1ロシアGPのレース終盤にランド・ノリスがスリックタイヤでステイアウトするという決断と最終的にはチームの判断だと語った。

14周目にフェラーリのカルロス・サインツからリードを奪ったランド・ノリスは、日曜日のレースの大部分をリード。53周のレースの46周目に雨が悪化し始めたときは、メルセデスのルイス・ハミルトンを抑えていた。

ランス・ストロール、1レース出場停止まであと4点 / F1ロシアGP 決勝

2021年9月27日
アストンマーティンF1のランス・ストロールは、F1ロシアGPのレース後半のピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)との接触に2点のスーパーライセンスポイントを科せられ、出場停止まであと4点となった。

ソチ・オートドロームに雨が降ったとき、ランス・ストロールはインターミディエイトに交換せずにスリックタイヤでステイアウトしたドライバーの一人だった。

【送料無料】タチカワ アルミ ブラインド 浴室タイプ選べる34色!水まわりに強くさびにくい! ブラインド ブラインドカーテン タチカワ アルミブラインド 浴室タイプ 高さ 11~80cm ・幅 45~80cm 日本製(代引き不可)【送料無料】

2021年9月27日
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2021年F1ロシアGPの決勝レースを振り返った。

マックス・フェルスタッペンは最後尾スタートから2位表彰台を獲得した。曇天のソチ・オートドロームで開催されたレースは最終盤で雨が降り始めたが、フェルスタッペンとチームはタイヤを正しいタイミングでインターミディエイトに交換。

ピエール・ガスリー、不満が募る週末 「ノーポイントは当然の結果」

2021年9月27日
アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、再びペースを生かすことができなかったF1ロシアGPの決勝は「ポイントに値するものではなかった」と落胆を口にした。

11番グリッドからスタートしたピエール・ガスリーは、第1スティントでバルテリ・ボッタス(メルセデス)を抑え込む堅実な走りを披露。ピットストップ後に順位は入れ替わったが、レース後半にはボッタスに詰め寄った。

セルジオ・ペレス 「ステイアウトするというリスクは不正解だった」

2021年9月27日
レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、2021年F1ロシアGPの決勝を9位で終えた。

9番手グリッドのセルジオ・ペレスはハードタイヤでレースをスタート。3周目にフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)をパスして7番手に浮上。レースが折り返しを迎える頃、コース上に留まったペレスは、他車のピットインもあって首位に浮上。リードを拡大すべくペースを上げていく。

【動画】 2021年 F1ロシアGP 決勝 ハイライト

2021年9月27日
F1ロシアGP 決勝のハイライト動画。2021年 F1世界選手権 第15戦 F1ロシアGPの決勝レースが9月26日(日)にソチ・オートドロームで行われた。

53周のレースは、ポールポジションからスタートしたランド・ノリス(マクラーレン)が、スタートでカルロス・サインツ(フェラーリ)にリードを奪われるものの、13周目に奪い返してトップでレースを展開。

角田裕毅 、見せ場なく17位「レース全体でバランスとペースに苦労した」

2021年9月27日
アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、2021年F1ロシアGPの決勝を17位で終えた。

ホンダF1パワーユニット勢では唯一ミディアムタイヤでスタートした角田裕毅だったが、スタート直後のターン2で膨らんでポジションを最後尾まで落としてしまう。

13周目を終えて最初のピットインを行ってハードタイヤへと交換した角田裕毅だが、その後もポジションを上げることができず。
«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 ·... | | Next»

F1 最新ニュース

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム